マンション売却価格の相場はどうやって調べればいい?

マンションを売ろうと思ったとき、相場から大きく外れた価格で売り出すのは得策ではありません。高すぎるといつまでたっても買主が出てきませんし、安すぎると売主が損してしまうからです。まずは相場を知り、いくらで売れそうなのか目星を付けましょう。

この記事では、マンションの価格相場をどうやって調べたらいいのか、その方法について解説します。

相場を知る意味

マンションの売り出し価格は、売主であるあなたが設定できます。売主側は、「買ったときより損せずに売りたい」「次の住居の購入資金に充てるお金がほしい」といった思いがあり、なるべく高い値を付けたいと思うもの。

一方の買主側は、「お得に住居を購入したい」「住宅ローンの返済負担を軽くしたい」など、要は安くマンションを買いたいと思うのが常です。

買主と売主が互いに納得できる価格を設定することが、マンション売買の成約に至る第一歩です。そのためにも、マンションの売り希望価格、買い希望価格、成約価格など、その相場にいかに迫るかが必要なのです。

マンションの売却価格は3種類存在する

マンションの相場を把握できるサービスは複数存在し、ほとんどはインターネット上で利用できます。

それらサービスを利用する前に、マンションの「売却価格」と一口に言っても、正確には「査定価格」「売り出し価格」「成約価格(売買価格)」の3種が存在することを知っておきましょう。どのサービスを利用すると、どんな価格の相場がわかるのか、理解しやすくなります。

それぞれの用語の意味は、以下の通りです。

CHECK!
  • 「査定価格」:不動産会社が査定した価格
  • 「売り出し価格」:売主が設定する価格
  • 「成約価格(売買価格)」:売買契約に至った実際の価格

いずれの価格相場も、あなたのマンションの価値を把握する際に役立ちます。多くの場合、査定価格を参考に売り出し価格を決定し、値引き交渉後に成約します。そのため、金額の高さは、査定価格≧売り出し価格≧成約価格となります。

査定価格を知る2つの方法

まずは、査定価格を調べるサービスについて紹介します。先ほど書いた通り、査定は不動産会社に依頼することで行われます。査定には「机上査定」「訪問査定」があり、どちらも費用はかかりません。

机上査定とは

机上査定(きじょうさてい)とは、あなたのマンションを不動産会社が見ることなく、価格を算出する簡易的な査定方法です。

売りたい人から提供されたマンションの基本的な情報を参考にして、過去の成約価格や周辺の売り出し価格、市場の動向などから価格を割り出します。

査定結果は30分~1時間ほどでわかりますが、簡易的な査定方法であるため、次に紹介する訪問査定よりも価格の精度が落ちる点は考慮して利用しましょう。なお、良心的な不動産会社なら査定の根拠もしっかり明記してくれます。

訪問査定とは

訪問査定は、あなたのマンションに不動産会社が実際に足を運んで状態を確認し、価格を算出する査定方法です。具体的には、不動産会社は下記の状態などを確認します。

CHECK!
  • マンションの管理が行き届いているか
  • 周辺環境や立地
  • 接道(敷地に接している道路)
  • 日当たり
  • 周囲の風景、眺望
  • 間取り
  • 建物の共用部分や専有部分・設備の劣化具合
など

訪問査定は、不動産会社が自身の目で査定するため、価格の精度が高い点がメリットです。一方、査定の際には現地調査だけでなく役所調査を実施することもあり、調査結果が出るまでに時間がかかります。

不動産会社側からすれば訪問査定は時間も費用もかかることから、マンション売却の依頼も引き続き受けて、仲介報酬を得たいという狙いがあります。

なので、訪問査定を依頼するとき、仲介も依頼する姿勢を見せないと、不動産会社から訪問査定を断られることもあり得ます。

机上査定と訪問査定のどちらを選ぶべきか

机上査定・訪問査定ともにそれぞれメリットとデメリットがあり、どちらがオススメとは言えません。現段階であなたがどの程度マンションを売却したいと考えているかによって、査定方法を決めるのも1つの手です。

例えば、おおまかに相場を把握してから売却したいなら、ひとまず机上査定で十分です。真剣に売却したいと考えている、より具体的な売却価格を把握したい、そんなときは訪問査定が必要になってきます。

査定を依頼する際の注意点は、いきなり不動産会社を1つに絞らないことです。これは、不動産会社によって算出根拠となるデータの豊富さや営業マンの査定スキルが異なり、査定結果が多少変わってくるからです。

複数の不動産会社からの情報提供を受けて比較したほうが、より実態に即した相場が見えてくるため、1社だけでなく複数の不動産会社に査定を依頼することを推奨します。なかには仲介案件を獲得するため、わざと高い値段をつけて売主の気を引くも不動産会社もいる点には、注意しましょう。

複数の不動産会社に効率よく査定を依頼する

複数の不動産会社に査定依頼すると言っても、会社を1つ1つ調べて依頼するのは手間がかかります。そんなときに役立つのが、「不動産一括査定サービス」です。

不動産一括査定サービスを提供するWebサイトでは、あなたのマンション情報を一度入力するだけで、複数の不動産会社に一括で査定依頼でき、査定結果を比べられます。それら結果を比較・検討しながら、改めてどの不動産会社と具体的な売却の相談をするのか、またはいったん契約を見送るか、落ち着いて判断できます。

気軽に相場を調べる

ここまでは査定価格の相場を調べる方法を紹介してきましたが、査定を不動産会社に依頼せず、自分で気軽に相場を調べる方法もあります。

これらの方法でわかるのは売り出し価格と、成約価格(を丸めた価格)の相場です。どちらもインターネット上から無料で調べられるサービスが提供され、それほど時間もかかりません。

具体的には、以下のWebサイトを活用します。

  • 不動産情報サイト
  • 相場情報表示サイト
  • 土地総合情報システム

不動産情報サイト

画像引用:株式会社リクルート「SUUMO」(https://suumo.jp/

買主がマンションを検索する際に利用する不動産情報サイトを利用すると、売り出し価格の相場が見えてきます。例えば、「SUUMO」「CHINTAI」などがそれに当たります。

こうしたWebサイトは、売り出し中のマンション情報が多数載っており、あなたが売却予定のマンションと同じような条件(場所・間取り・築年数など)の物件情報も載っているはず。あなたのマンションと似た物件を検索できれば、相場把握に役立ちます。

しかし、不動産情報サイトに記載されている情報は、あくまでも条件が似ているマンションの価格で、あなたのマンションも同じ価格が当てはまるかまではわかりません。また、価格が高すぎて成約していない、売れ残り物件が表示されることもあります。あくまで参考程度にとどめておきましょう。

相場情報表示サイト

画像引用:株式会社LIFULL「プライスマップ」(https://www.homes.co.jp/price-map/

不動産情報サイトのなかには、価格相場を載せているものもあります。代表的なWebサイトとしては、ノムコム内の「マンションデータPlus」や、LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)内の「プライスマップ」などが挙げられます。

マンションデータPlusは、マンションの売り出し価格だけでなく、取引履歴データなどを元に算出した価格相場をチェックできるWebサイトです。また、マンションのオーナー登録を行うと、新築分譲時からの騰落率(価格の変動度合い)などの情報も得られます。

もう一方のプライスマップも、マンションデータPlusと似た機能を備えたWebサイトです。地名や駅名、マンション名などで検索するだけで、地図上にマンションの位置と、参考となる価格相場・賃料相場が一覧表示できます。

土地総合情報システム

画像引用:国土交通省「土地総合情報システム」(http://www.land.mlit.go.jp/webland/

成約価格の相場を知るには、国土交通省が運営する「土地総合情報システム」を利用してみましょう。旧態依然とした見た目ですが、国が運営している信頼性の高いWebサイトです。

このサイトで時期や場所、不動産の種類を絞り込んで検索すると、条件に合ったマンションの成約価格の水準をチェックできます。なお、個人情報保護の観点から、物件が特定できないように価格は上位2桁だけを表示しています。正確には成約価格とは言えない価格であることは、留意しましょう。

まとめ

マンションの売却予定はまだないものの、将来の売却に向けて相場を把握したい方は、不動産会社に連絡して机上査定や訪問査定を依頼するより、自分で不動産情報サイトや相場情報表示サイト、土地総合情報システムをチェックするほうが手間もかからず、気も楽なはず。

一方、マンションの売却計画が具体化して、より正確な売却価格の目安を知りたい方、不動産会社選びも考え始めた方などは、机上査定や訪問査定を依頼するとよいでしょう。その際、いきなり不動産会社を1社に絞るのではなく、複数の不動産会社に依頼して、出てきた査定価格を比較するのが安心です。

そんなときは、一度に複数の不動産会社に机上査定を依頼できる一括査定サービスを利用し、提案内容や価格を比べましょう。一度の入力で効率的に査定を依頼でき、不動産会社選びにも役立ちます。

一括査定サービス利用した後、さらに納得いくまで調べたいときなどは、自分で土地総合情報システムなどを使うとオススメです。

自身が納得してマンションを売却するには、マンションの価格や相場を知ることがとても重要です。ここで紹介したマンションの相場を知る方法の特徴や違いを理解したうえで、自分の目的に合ったものを選びましょう。

PR情報

不動産一括査定サービスのご紹介

マンション売却において、不動産会社選びではとくに慎重になるべきです。不動産会社によって特徴や売却額などが異なり、「どの会社も大差ないだろう」と油断すると、相性の悪い不動産会社に当たってしまう可能性もあるからです。自分の手で、自分に合う不動産会社を見つけ出すことが、マンション売却のカギと言えます。

とはいえ、不動産会社を手当たり次第探すのは非効率。少しでも手間を省くため、「不動産一括査定サービス」の利用してみてはいかがでしょうか。マンション情報を入力するだけで複数社へまとめて査定依頼できるうえ、利用料もかかりません。返ってきた査定結果や提案内容を見比べて、効率よく不動産会社を選べるのです。

数ある不動産一括査定サービスのなかでも、都市部に強い「すまいValue」と、地方もカバーする「イエウール」はオススメ。マンションの住所によってサービスを使い分けるのも、どちらも併用する使い方もアリです 。どう使うにせよ、マンション売却活動の一助になってくれるサービスです。

すまいValue
すまいValue

大手不動産6社(三井のリハウス、住友不動産販売、東急リバブル、野村の仲介+、三菱地所ハウスネット、小田急不動産)に一括で査定依頼できる唯一のサイトです。

  • 圧倒的な販売実績
  • 広域エリアをカバー
  • 広告・販促に強い
大手6社に一括査定できるのはココだけ!
すまいValueで無料の一括査定をしてみる すまいValueで無料の一括査定をしてみる
イエウール
イエウール

全国1900社以上と提携する国内最大級の不動産一括査定サイト。 大手から地元に強い中小不動産会社まで幅広くカバーしています。

  • 提携不動産会社数No.1
  • エリアカバー率No.1!地方の物件にも強い
  • 月間査定依頼社数No.1
国内最大級!全国1900社以上と提携
イエウールで無料の一括査定をしてみる イエウールで無料の一括査定をしてみる